スペイン(フミーリャ)ワイン、カーサ・デル・ロホ モナストレルで豚バラ肉の赤ワイン煮ジュニパー風味をいただく

スポンサーリンク

「カーサ・デル・ロホ モナストレル 2007」は、関内駅近く、大通り公園わきに店を構える葡萄屋・関内店で購入。

葡萄屋・関内店で購入したカーサ・デル・ロホ モナストレルのラベルカーサ・デル・ロホ モナストレルの裏ラベル

基本的な情報をまとめておくと(Casa Rojoの商品説明を参照)、生産地:スペイン、ムルシア州、フミーリャ、生産者:カーサ・ロホ(Casa Rojo)、品種:モナストレル100%、収穫:完全手摘み、15kgのプラスチック箱で収穫、熟成:オーク樽で12ヶ月、その後ボトルで12ヶ月、タイプ:フルボディ。

生産者のコメントの要約:「ガーネットのきらめきをもつルビーの赤、熟した赤い果実と黒オリーブの香り、トーストやスモーキーなアロマ。エレガントでおだやかなタンニン。フレッシュで余韻が長つづきするバランスのとれたワイン」

生産者のカーサ・ロホは、テロワールの精神を完璧に表現するワインを造るために、多様なバックグラウンドや専門分野で構成されるチームを作り、ビエルソ、カバ、フミーリャ、リアス・バイシャス、ルエダ、バルデオラス、リベラ・デル・デュエロ、リオハ、プリオラートなどスペイン各地で、土着品種にこだわったワインを手がけている。

▼ カーサ・ロホのプロモーション動画。スペイン各地の生産地、チームのメンバーと彼らが手がけるワインが紹介されている(スペイン語/英語字幕)。

Casa Rojo, familia empresaria del año from Casa Rojo on Vimeo.

▼ フミーリャのワインを紹介する動画。美しい映像は一見の価値あり(スペイン語)。

本日の料理は、豚バラ肉の赤ワイン煮ジュニパー風味。

豚バラ肉の赤ワイン煮ジュニパー風味豚バラ肉の赤ワイン煮ジュニパー風味(翌日)

ハーブ全書 (ブティック・ムック No. 795)』で、「ポーク&プルーンの赤ワイン煮ジュニパー風味」として紹介されていた料理。

材料は、豚バラ肉、くるみ、にんじん、セロリ、フォンドヴォー(フレーク)、たまねぎ、赤ワイン、水、オリーブオイル、ジュニパーベリー、プルーン、シナモン(パウダー)など(※手元になかった材料は代用しているので、すべて本のレシピ通りではない)。

ジュニパーベリー、プルーン、くるみなどが、甘み、酸味、香ばしさなど独特の風味を醸し出して美味い。ジュニパーベリーは初めて使ったが、レシピには以下のような説明がある。「蒸留酒のジンの香りづけにも利用されるスパイス。体の中の老廃物や毒素を外に出す働き、利尿作用などがある。主に肉料理の風味づけなどに」

この効能はありがたいので、また他の料理に使ってみたい。2番目の画像は2日目のもの。肉や野菜に味がしみこみ、濃厚な果実味のあるワインで美味しくいただけた。

《参照/引用文献》
● 『ハーブ全書 (ブティック・ムック No. 795)』(ブティック社刊)








● amazon.co.jpへ