鳥取の地酒、諏訪泉 田中農場 純米吟醸55% 種籾原酒の燗であんこう鍋をいただく

スポンサーリンク

「諏訪泉 田中農場 純米吟醸55% 種もみ原酒 H29BY」は、菅田町のちょっと行きにくいところにある(筆者の場合は横浜駅からバス)酒の旭屋で購入。

菅田町にある酒の旭屋で購入した「諏訪泉 田中農場 純米吟醸55% 種もみ原酒 H29BY」のラベル「諏訪泉 田中農場 純米吟醸55% 種もみ原酒 H29BY」のラベル側面

基本的な情報をまとめておくと(ラベルなど参照)、醸造元:諏訪酒蔵株式会社/醸造元所在地:鳥取県八頭郡智頭町/原材料名:米(国産)・米こうじ(国産米)/原料米:鳥取県田中農場産山田錦種もみ用選別米100%使用/精米歩合:55%/アルコール分:18度/製造年月:19.9/醸造年度:Vintage2017(平成29BY)

「諏訪泉 田中農場」の「山田錦7割」は常備しているが、「純米吟醸55%」ははじめて。古川修『世界一旨い日本酒 熟成と燗で飲る本物の酒 (知恵の森文庫)』には、「『諏訪泉田中農場』には、55パーセント精米と、70パーセント精米の純米酒がある」とあり、55%があることは知っていたが、実際に目にしたことはなかった。ただし、この「種籾原酒」がそのレギューラーの55%かどうかはわからない。今度、酒の旭屋のご主人に確認してみよう。

そして、55%とはいっても、とてもしっかりした味わいで、燗が美味しく、熟成が楽しみになるようなポテンシャルを感じる。

あんこう鍋

この日の料理は、つい最近はまったあんこう鍋。前回、横浜駅西口地下街にある鮮魚店・魚力で切り身のあんこうを買ったときには、肝がちょっと小さかったが、今回は大きな肝がついていた。肝を乾煎りして溶かし、酒や味噌と合わせ、だしを加えるという段取りは前回と同じ。材料は、あんこう、焼き豆腐、にんじん、長ねぎ、えのき、しいたけ、白菜、春菊、酒(澤屋まつもと厨酒)、味噌、だし、しょうゆ、みりんなど。やはり肝が大きいとコクが違う。

種籾原酒の熱燗で。田中農場の七割のときは、諏訪酒蔵のサイトで紹介されているレシピを見て、なんとなく肉料理に走っていたが、この55%はコクのある魚介料理にいろいろ合いそうな気がする。